「たんぽぽ園とみのはら」 〜堤 康博会員〜

2016.01.06 Wednesday

0


    ビジネスチャンス委員会事業所訪問事業 第12回目は堤 康博 会員の事業所「たんぽぽ園とみのはらです。



    ●場所〜〒856-0806
     
    長崎県大村市富の原1丁目1255番地8
     TEL 0957-55-3357
     ホームページ
     http://www.tanpopoen.npo-jp.net/

    ●事業所の歴史
    ・平成17年8月30日、長崎県より『(福)とみのはら福祉会』設立。
    ・平成18年2月28日、たんぽぽ園新園舎完成。
    ・平成18年4月1日、たんぽぽ園が長崎県より保育施設として認可され、認可保育所『たんぽぽ保育園』とし開所
    (第3代園長 堤 幸江)。
    ・平成20年2月、学童用園舎完成。
    ・平成20年3月、『二丁目学童クラブ』を開設。
    ・平成21年3月、園舎増築完成。

    ・平成21年4月1日、たんぽぽ保育園は『認定こども園たんぽぽ園』として知事より認定。保育所定員「60名」から「70名」に変更。
    短時間入所部「30名」新設。



    堤会員による事業所の説明がありました。

    ●事業内容

    当園は、幼児部(年少〜年長のお子様)。乳幼部(0歳〜2歳児のお子様)。学童部(小学生)。・・・の3部門で成り立っています。
    幼児部に関しては、保護者のお仕事に関係なく利用することができます。

    たんぽぽ園ラシサが、こども達ラシサを引き出し、こども達がのびのびと成長できる場であれるよう頑張ります♪


    広い敷地に、たんぽぽ園、二丁目学童クラブ、デイサービス小さな家、サービス付高齢者専用賃貸住宅たんぽぽ五番館がありました。


    食育コーナー

    ●事業所の強み
    ・認定こども園ということで、3歳以上のお子様でも親の就業の有無に関係なく保育が出来ます。
    ・また、卒園後も連携の学童クラブに優先的に入所できるので保護者の皆様にいは安心です。
    ・保育内容に関しては、子ども達の意欲、主体性、コミュニケーションを重視した内容とし、させられる幼児保育から、
     自ら取り組む幼児教育とし、選択制や子ども同士の活動の発展を大切にしています。
    ・一方、日本型教育にも対応するため、年長児には、元教諭が行う、教室により、幼小連携を図ります。


    広い運動場の奥には小山がありました。


    児童の手形がありました。

    ●これからの事業所
    ・他にはない、特色ある施設運営を目指します。特に、幼児期から学童期にかけてワンストップで保育が可能な環境作り。
    または、多世代(0歳〜高齢者)間の交流が当たり前にできる場を作ります。
    ・やりがいのある職場、笑いの絶えない職場作りを目指します。また、産休、育児休暇後も復帰しやすい環境を目指します。
    職員同士が思いやって支えあう職場つくりを目指します。
     
    コメント
    コメントする